ディスプレイ広告

リターゲティング広告の仕組みと基本的な概要。

リターゲティング広告の仕組みと基本的な概要。

リターゲティングってネット広告の中でよく聞く名前だけど、実際どんな仕組み?どうやって配信されるの?リストってなあに?

こんな質問に答えていきますね。
仕組みを理解することで、適切な活用ができるようになります。

サイトに訪問したユーザーに「再訪問」を促す

サイトに訪れたユーザーのコンバージョン率は、どれだけ良くても数%です。サイトにアクセスした90%以上のユーザーは行動を起こさずに離脱をします。

リターゲティングは、この一度サイトへ訪れたことがあるユーザーに、もう一度「再訪問」を促す広告を見せる手法です。

いわゆる、リピーターに対する接客だと思えば、イメージが進みます。

リターゲティング広告の仕組み

では、どの様にして「サイトから離脱したユーザー」に、再アプローチしているのでしょうか?

これには、「Cookie(クッキー)」と呼ばれる仕組みを利用して実現しています。
Cookieは、ブラウザを閉じても、サイト側のデータを一時的に保存できる機能です。

広告を配信する際に、サイトへ訪れたユーザーのみに付与させるクッキーの情報から、「以前にサイトへ訪問したユーザー」だと判別するのです。

リターゲティング広告の場合は、専用のクッキーを利用します。

リターゲティングタグを理解する

専用クッキーを付与するには、「リターゲティングタグ」と呼ばれるタグが必要です。
このタグを、サイト全体に埋め込むことにより、専用クッキーを付与させているのですね。

リターゲティングリストを理解する

リターゲティングにおいて肝となるのが、「リスト」(リターゲティングリスト)の存在です。

リストは、クッキーが付与されたユーザーを表し、ページ単位で作成できます。
訪れたページ単位で、ユーザーを識別していくのですね。

実際によく使われるリストのパターンです。

リストを使い分けることで、「誰に広告を見せるか」決めることが可能です。

組み合わせる

リストは組み合わせることもできます。

狙い通りのユーザーに接触できれば、それだけコンバージョン率が上がります。

配信期間を定める

配信期間を定めることもできます。

サイトへ訪れて、「コンバージョンするまでの期間」が分かれば、この期間に効率よく配信ができます。

まとめ

以上、リターゲティングの仕組みと概要をみてきました。
実際に成果を出すための留意点は次の通り。

  • リストを適切に組み合わせる
  • 配信期間を適切に定める

仕組みを理解し、商材に合うよう「リスト」と「配信期間」をカスタマイズしていくことで、コンバージョン数の底上げが図れます。

参照リンク

リターゲティングに関しては、以下の記事も参考になります。メリット、デメリットを理解した上でお試しくださいね。

リターゲティング広告のメリットとデメリット。

リターゲティングで成果を出すには、考え方を知ることが大事です。活用法を参考にしたい場合に、参照してくださいね。

リターゲティングで効果を出すための考え方と活用法。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

リスティング広告の運用で
お困りではありませんか?

LISTING MALLを運営するJINは100社以上のリスティング広告運用案件の実績があり、企業のビジネスの加速に貢献してきました。 リスティング広告を始め、ディスプレイ広告、Facebook広告、DSP、ランディングページ、サイト解析まで幅広い知見を元に御社の悩みを解決できると考えています。

メールでのご相談はコチラから