リスティング広告

リスティング広告は自社で運用するべきか、外注するべきか。それぞれのメリットとデメリット。

リスティング広告は自社で運用するべきか、外注するべきか。それぞれのメリットとデメリット。

リスティング広告は「自社で運用」していくべきでしょうか。それとも「代理店へ外注」をするべきでしょうか。

この2択で悩まれる企業は意外と多いものです。

ベストな意思決定は、それぞれの「メリット」と「デメリット」を知り、自社は「どちらが向いているか」を把握した上で決める事です。

今回の記事では、

・自社でリスティング広告を運用していくメリットとデメリット
・代理店にリスティング広告の運用を依頼するメリットとデメリット

について解説をしますね。

自社でリスティング広告を運用していくメリット

1.広告予算が大きい場合は運用手数料が人件費だけで済む

一ヶ月の広告予算が大きい場合、自社で運用をした方が圧倒的に手数料面で特をします。

広告予算が月額500万円の場合

例えば「月額500万」でリスティング広告を運用している場合を考えて見ます。

仮に、「運用手数料が20%の代理店」へ依頼をすると「月額100万円」の費用が広告費用以外にも毎月発生する事になります。

その反面、自社でリスティング広告を運用していく事が出来れば運用手数料は発生せずに広告運用者の「人件費」だけで済む事になります。

・月額100万円の運用手数料
・運用者1人あたりの人件費

比べてみるとどちらが安いかは明白です。

自社にリスティング広告運用者がいれば、広告予算が大きければ大きい程、手数料面で大きなメリットを享受できる事になります。

2.自社の案件に集中ができる

リスティング広告を運用する代理店は基本的に忙しいのが特徴です。

一つの案件にずっと毎日パソコンに張り付いて作業をできるわけではないため、どうしても運用に漏れがあったり、おろそかになったりする事は否ません。また、対応スピードにも欠けてしまう事もあります。

2-1.リスティング広告の運用は手間がかかる

その反面、自社でリスティング広告を運用する事が出来れば、業務時間の全てをぶつける事ができます。リスティング広告は時間をかけて育てるものであるため「時間の優位性」がある事は大きなアドバンテージになります。

自社でリスティング広告を運用する事が出来れば、「それだけ深い運用」が可能になります。

3.商材、サービスの強みを一番理解している

リスティング広告で成功するためには「自社の商材、サービス」への深い理解が欠かせません。

「成果」につながるキーワードを選定し、「自社の強み」を広告文に生かすには、商材やサービスをしっかり理解する必要があるからです。

商材やサービスを深く理解している事は「自社」で運用していくにあたり、強い武器となります。

代理店がリスティング広告を運用するメリット

次は、代理店にリスティング広告を運用してもらう場合のメリットを見ていきましょう。

1.リスティング広告の運用ノウハウが貯まっている

リスティング広告の代理店は「リスティング広告の専門家集団」です。

そのため、これまでたくさんの案件を通して自社に「リスティング広告運用のノウハウ」を蓄積している事が特徴です。リスティング広告は奥が深く、「誰が運用をするのか」で結果が大幅に変わってしまいます。

代理店は基本的に「運用のプロ」であるが故、「最低限のレベル」での成果は担保してもらえると思っていいでしょう。

1-1.リスティング広告は技術の進歩が早い

また、リスティング広告は「技術の進歩」が早いため「最新の情報」をキャッチアップしていく事が必要になります。

代理店にはそういった情報が日々集中する傾向があります。
平均的に考えれば、「運用の技術」においては「代理店」の方が長けているでしょう。

また、運用の相談やアドバイスにも乗ってもらえる事が出来るため非常に心強い味方とも言えます。

2.時間を有効に使えるようになる

リスティング広告を運用していくには日々、膨大な時間を使う事になります。

リスティング広告の運用はとても片手間でできるものではないからです。

 2-1.本当に大事な部分に集中が出来る

「代理店」に依頼をすれば、広告配信の設定や、運用を一式投げることが出来、業務タスクを大幅に改善できる事が出来ます。

「商品開発」等のより根本的な部分に集中する事が出来るようになるため、「運用の時間を省ける」というのは、代理店へ依頼する際の大きなメリットになります。

3.すぐに止める事が出来る

仮にリスティング広告を「代理店」へ依頼して思うような結果が出なかった場合はすぐに辞める事が出来ます。

契約期間の縛りが多少あっても、3ヶ月くらいが一般的です。

リスティング広告で思うような結果が出なかった時に「止める事ができる」のは、「代理店」へ依頼する一つのメリットと言えます。

自社でリスティング広告を運用するデメリット

今度は、自社で運用していく際のデメリット部分を見ていきます。

1.即戦力レベルの人間が中々いない

自社でリスティング広告を運用していくには「スキルのある運用者」が必要になります。

万が一、運用者がいない場合は採用をしなければいけません。採用自体にも「時間」と「お金」のコストが発生します。

1-2.運用者を採用するのはハードルが高い

また、広告運用業界自体が慢性的な人材不足のため、即戦力レベルの人材を採用するのが難しい事が現状です。

リスティング広告の運用者を採用するにはハードルが高い事実があります。

2.自社にノウハウがない場合は試行錯誤をしなければいけない

自社でリスティング広告を運用していく際には、「広告運用のノウハウ」がしっかりあるかどうかが大事になります。

もし「運用者」の経験が浅い場合は、これから試行錯誤をして「ノウハウ」を貯めていかなければならないでしょう。

その分、「成果」が出るまでに時間がかかってしまう可能性がある事も理解しなければいけません。

3.すぐに辞める事が出来ない

自社でリスティング広告を運用していくために、運用者を雇ったとしましょう。

この場合、リスティング広告を運用してみて思うような結果が出なかった場合に、中々すぐには辞める事は出来ないでしょう。

代理店へ外注している場合なら、合理的に成果で判断できる事も、自社で運用していく場合には「採用コスト」等の問題もあり、簡単には辞めるわけにはいきません。

「すぐに止める事が出来る」のがリスティング広告の特徴の一つであるため、「簡単に止めることが出来ない」事はデメリットと言えるでしょう。

代理店がリスティング広告を運用するデメリット

代理店にリスティング広告の運用を代行してもらうデメリットを見ていきます。

1.予算が大きい場合は手数料額が非常に大きくなる

「月間の広告予算」が大きい場合にはそれだけ、「多額の手数料」も代理店へ支払わなければなりません。

広告予算が月間1000万円の場合

例えば「月間予算が1000万円」の場合を考えてみます。
手数料を20%と考えると「毎月200万円」の手数料が支払い続ける事になります。

「多額の手数料」を支払ってでも「リスティング広告から大きなリターン」を望めるかどうか判断しなければいけません。

2.どこへ頼んだらいいのかわからない

リスティング広告の代理店はそれこそたくさん存在します。それだけに「どこへ頼んだらいいのか」という問題は非常に重要です。

「手数料」が安い代理店へ依頼すれば「正解」とは限りません。

2-1.リスティング広告の運用には手間がかかる

リスティング広告の運用は時間のかかる作業であり、手数料が安い事はその分「運用に時間が割けない」事を意味するからです。

また「Google」や「Yahoo」の「正規代理店」へ依頼をすれば正解とも限りません。

正規代理店かどうかは「広告の運用費用額」の大きさで決まってしまう側面が強く、必ずしも「結果の出る代理店」という指標を指しているわけではないからです。

リスティング広告の代行先を選定する際には、自社にとって「信用」のある代理店を見つけなければなりません。

自社で運用すべきか。外注すべきか。

リスティング広告を自社で運用する場合でも、代理店へ依頼する場合でも、メリットとデメリットはそれぞれにあります。

では「実際にはどうするべきか」というとケースバイケースと言えるでしょう。

その理由を以下でみていきます。

1.リスティング広告を主軸の武器と考えているか

リスティング広告を自社のマーケティング戦略の主軸に置いている場合は、出来る限り自社で運用をしていくのが理想だと思います。

 1-1.深い運用をする場合は自社で

この場合、「深い運用」が求められ、更には日々スピーディに運用改善をしていく必要があるため、自社で地道にノウハウを溜めていく事がベストだと言えます。

2.すぐに結果を求めるかどうか

リスティング広告を駆使して、「すぐに結果を出したい!成果が欲しい!」という場合は代理店へ依頼するのが望ましいと言えます。

2-1.短期間で成果を求めるには代理店へ

代理店は基本的に「リスティング広告運用のプロ」であるため、「最低レベルの成果」を担保してもらえる可能性が高いからです。

また、実際に依頼してみて「どうしても成果が出ない」場合には違う代理店へ切り替える事もできるため、自社で運用をするよりも「リスクヘッジ」が出来ます。

また、代理店を選定する際にはどこの代理店でもいいわけではないため、注意が必要です。

代理店を選定する際には以下の記事が参考になります。

リスティング広告の運用代行を依頼する時の注意ポイント。

まとめ

今回の記事ではリスティング広告を自社で運用するか、代理店へ外注するかについてのメリット・デメリットについて解説しました。

1番大切な事は、現在の自社の状況や、リスティング広告にどのくらいの重きを置いているかに合わせ、「適切」な判断をする事が大事と言えます。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

リスティング広告の運用で
お困りではありませんか?

LISTING MALLを運営するJINは100社以上のリスティング広告運用案件の実績があり、企業のビジネスの加速に貢献してきました。 リスティング広告を始め、ディスプレイ広告、Facebook広告、DSP、ランディングページ、サイト解析まで幅広い知見を元に御社の悩みを解決できると考えています。

メールでのご相談はコチラから