リスティング広告

リスティング広告のメリットとデメリット。

リスティング広告のメリットとデメリット。

Web広告の定番と言えばリスティング広告。
すぐに成果を出せるのが、人気のマーケティング手法たる所以です。費用対効果も測定でき、結果を評価しやすいですね。

しかしプラスなことだけではありません。活用する企業が増えたため、以前より運用の難易度が上がったからです。不慣れならCVに繋げられないでしょう。

リスティング広告は魔法ではなく、あくまで一つのマーケティング手段。正しい方向で、かつ地道な運用プロセスが求められます。この基準を担保することで大きなリターンが返ってくる。

つまり実施するなら「プラスの面」と「マイナスの面」を理解しておくべきです。今回は「リスティング広告のメリットとデメリット」を徹底解説します。

リスティング広告のメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

即効性がある

他のWeb広告に比べて「即効性」があります。
極端に言えば、始めたその日に売上が立ちます。

なぜこんなことが可能なのか。仕組みを考えることで理解が進みます。
リスティング広告は、見込み客に検索エンジン上で接触する手段です。ここが重要なポイント。検索ユーザーは「知りたい、調べたい」といった能動的な行動をとるため、検索結果で表示された情報に関心が強いのです。

つまり「モチベーションの高いユーザー」に広告が届くので、反応が良く、成約率が高いと言うわけです。

上記はキーワードの観点で考えても納得できるでしょう。
仮に、購入に繋がりそうなキーワードで、広告を表示させればどうでしょう?

当然CVしやすいです。つまり「成約しやすい見込み客」に接触できるのです。

ここまでの内容で「それならSEOと一緒では?」と思うかも知れませんね。

SEOとは

検索結果でサイトを上位表示化させる手段。

いえ、二つの集客方法には「違い」があります。SEOではサイトが上位表示されるまで時間がかかる。分野によって違いはありますが、1年ぐらい結果が出ないこともざらでしょう。長期スパンで考えるなら別ですが、大抵はそんなに待てません。すぐにでも売上を上げたいはずです。

ところがリスティング広告なら問題を解決できます。広告を出稿するだけなので、検索結果の上位部分をすぐ抑えられる。つまり「検討ユーザー」に接触するまでの時間を「短縮」できるのです。

いかがでしょうか。「質のいいユーザー」へすぐにアプローチでき、売上を立てられる。リスティング広告は「即効性」がある、と言われる所以です。

費用対効果を測れる

費用対効果を把握できます。
これを可能にしているのが「コンバージョン(CV)」と「CPA」の概念。仕組みを見ていきましょう。

コンバージョンは、ユーザーが広告をクリックし、サイト内で特定の行動(購入や問い合わせ)に至ることを意味します。

簡単に言えば、リスティング広告の成果地点を表す、と認識してください。
つまりCVポイントを「購入」にすれば、広告が売上に繋がったか判断できるわけです。

「1CV当たりにかかった広告費」を示すのがCPA。

少ない広告費で売上に繋がれば何が起きるでしょう。リスティング広告から「利益」が発生しますね。従ってCPAを担保しつつCV数を増やしていく。これがリスティング広告王道のパターンです。

おさらいです。CV、CPAにより費用対効果を測れ、利益を出せるように運用できる。そしてビジネスが加速します。正にリスティング広告の醍醐味でしょう。

参照リンク :

なおCVについては、以下の記事でより詳細にまとめています。ご参照ください。

コンバージョンとは?adwordsに必要なコンバージョンの定義と種類。

CPAに関しては下記にまとめました。ご参照ください。

CPAの計算方法と広告予算の決め方。

ターゲット層に広告が届く

ターゲット層に広告が届きます。
第一に、キーワードを軸にしてターゲティングできるからです。

例えば、ダイエットサプリのECサイトで考えてみましょう。仮に「ダイエットサプリ 通販」と検索をかけるユーザーへ広告を届ければ、成果はいかほどのものでしょうか。

もうお分りですね。CVを期待できます。つまり見込み客が検索するワードを予想し、広告を出稿していけば、的確なアプローチを実現できるわけです。

第二に違う側面からのターゲティングも可能。例えば、見込み客がスマートフォンユーザーならどうか。この場合、スマートフォンのみで広告を表示できます。

それでは「東京」にいるユーザーに接触したいなら?問題ありません。広告配信エリアを東京だけに指定すれば良いのです。

つまりあらゆる側面から「ターゲット」を絞り込み、希望するユーザーに広告を届けられる。リスティング広告の費用対効果が高い所以でしょう。

大きなリターンを得られる

前述の通りターゲット層に広告を届け、CPAを担保すれば利益が出ます。
このラインを突破したなら、更に最適化を図ることで、CV数を増やせます。

部分一致を使えば、配信対象が広がり、新規顧客開拓に成功する。

自動入札を利用すれば、CPAが安定されるよう、CV数を稼げる。

つまり運用に力を入れるほど、パフォーマンスが向上するのです。

リスティング広告は奥が深い。それゆえやり方次第で、大きなリターンを得られます。最適化がある段階まで進んだなら、毎月の利益が「ストック化」されると言っても過言ではありません。これこそ最大のメリットだと私は考えています。

参照リンク :

部分一致の仕組み、扱い方に関しては下記をご参照ください。

部分一致とは?メリットや設定方法、効果的な使い方まで徹底解説。

リスティング広告のデメリット

続いてデメリットを見ていきましょう。

難易度が上がってきている

難易度が上がってきています。
成果を上げるならリスティング広告、というイメージは定着しつつあるもの。つまり、Webマーケティングに力を入れている企業は既に実施済みです。

またスマホの台頭に伴いネットユーザーが増えたため、Web広告を始める中小企業も多くなりました。従って、リスティング広告を利用する広告主は増加の一途を辿っています。

競合だらけになると一体何が起きるのでしょう?限られた広告枠を奪い合うことになるため、クリック単価が高騰します。

そしてクリック単価が跳ね上がれば、CPAも悪化するのです。

これら一連の背景こそが、以前より成果を出しづらくなった所以。言葉を換えるなら、やれば簡単に利益を出せる、と言うほど甘くありません。

誰が運用をするかで成果が変わってしまう

デメリットの度合いが一番大きいのがここでしょうか。
広告運用は「属人」的なスキルであるため、「誰」が担当するかで成果が変わってしまう。つまり運用者に知見がなければ、売上に繋がりません。

仮に多くのCVを見込めるのに、運用力が足りず、半分の成果しか得られなかったら?

発生する利益も半減します。しかもこれが毎月続いてしまうわけです。

なぜ「運用力」に大きな差が出るのか。それはリスティング広告が難しいことに起因します。大枠の攻め方だったり、局所的な部分だったり、プロならあらゆる場面を切り抜けられるもの。しかし経験がなければ「最適な一手」を打てません。この積み重ねが数字に表れてしまうのです。

メリットに「即効性」を挙げましたが、しっかり運用していることが前提。ここを履き違えてはなりません。「誰」が担当するかで結果が大きく変わる。覚えておくべき重要事項でしょう。

プロに頼むのも一つの手

上記の経緯もあり、リスティング広告の運用はプロに頼むのも一つの手です。大きな利益を手にしたい広告主様はこちらからご連絡ください。

まとまった資金が必要

まとまった資金が必要です。
短期間で成果を出せますが、常に「広告費」がかかるのも事実。リスティング広告では、売上に繋げるまでの「時間」を「お金」で短縮しているに過ぎません。

言い換えると、費用をかけたのに失敗するリスクもあるのです。とりわけ運用の初期段階においては。そのため「資金面」ではゆとりを持って始めるべき、と私は考えています。

一番良くないのが少しだけ費用をかけ、「損」を出し、すぐに見切りをつけること。最適化の途中で諦めてしまうパターンですね。

これなら始めからやらない方がマシでしょう。無駄な広告費だけかかるからです。

小さく始めて成果を出す、または失敗をする。そこで結果を振り返り、仮説を立てて次の一手を打つ。そしてある段階で最適化が進み、大きな利益を手にする。これがリスティング広告成功のプロセスです。

短期的な失敗があっても、データだと割り切れるくらいの「胆力」がなければ、大きなリターンは望めません。

まとめ

今回は「リスティング広告のメリット、デメリット」について解説しました。

即効性があるので短期で売上を立てられます。しかし競合が増え、CVへのハードルが上がってきてるのも事実。運用者にアップデートが求められているのは間違いありません。

また、広告主にも辛抱強さが必要とされます。本当の意味で成果を出すには時間がかかるもの。

正しい方向で、地道に運用をしていけば、最適化が進み、大きな利益を手にできます。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

リスティング広告の運用で
お困りではありませんか?

LISTING MALLを運営するJINは100社以上のリスティング広告運用案件の実績があり、企業のビジネスの加速に貢献してきました。 リスティング広告を始め、ディスプレイ広告、Facebook広告、DSP、ランディングページ、サイト解析まで幅広い知見を元に御社の悩みを解決できると考えています。

メールでのご相談はコチラから