Google広告

【RLSA】Google広告の検索広告向けリマーケティングとは?メリットや設定方法、効果的な活用方法について。

【RLSA】Google広告の検索広告向けリマーケティングとは?メリットや設定方法、効果的な活用方法について。

「検索広告でアプローチをして、リマーケティングで刈り取る。」

これは検索広告において王道の施策パターンです。当たり前とも言える内容なので、実施していないことの方が少ないかも知れませんね。

それでは以下の手法は活用できていますか?

「検索広告でアプローチ。その後に検索広告向けのリマーケティングで刈り取る。」

少し違和感を感じるかも知れません。リマーケティングと言えば、ディスプレイ広告のイメージが定着しているからです。

しかしGoogle広告では、検索広告でもリマーケティングリストを活用できるのです。この検索広告向けリマーケティングを使って得られるメリットは以下。

  • CVの取りこぼしを防げる。(再アプローチが可能だから)
  • CV獲得の機会を増やせる。(入札できるワードの範囲が広がるから)

今回は「Google広告の検索広告向けリマーケティング」について解説します。

検索広告向けリマーケティングとは

検索広告向けリマーケティング(Remarketing Lists for Search Ads)とは、サイトに訪問したことがあるユーザーに向けて、検索広告をカスタマイズする機能。

簡単に言うとユーザーがサイトに訪れて離脱しても、その後に検索活動を行うタイミングで広告を表示できます。

つまりリマーケティング広告の検索版と考えれば、イメージが進みやすいですね。

検索広告向けリマーケティングのメリット

RLSAを活用するメリットを見ていきましょう。

CVの取りこぼしを防げる

第一にCVの取りこぼしを防げます。

一般的にWeb広告経由でサイトを訪れたユーザーのうち9割は、CVせずに離脱をすると言われています。

つまりどれだけ丁寧に広告運用をしても、一回の接触では中々CVしません。

上記は私達のインターネットでの活動を考えることで理解できます。たまたまネットショップでいい商品を見つけたくらいで、即決で購入するでしょうか?そんなことは稀ですよね。

しかし時間が経てば、一定数のユーザーは商材への購入意欲を高めてくれるものです。

このタイミングで見込み客が検索活動を行い、RLSAでアプローチすることができればいかがでしょうか。

通常の検索広告に比べて、CV率が高まることは容易に想像できるでしょう。

つまりRLSAを通せば、本来刈り取れるはずだったユーザーを、より確実にCVへ繋ぐことができます。

新たなキーワードに入札できる

RLSAの仕組みを利用すると、今まで入札できなかったキーワードでアプローチができます。

例えば英会話スクールへの集客で考えてみましょう。仮に「英会話」というキーワードへ入札してもクリック数は稼げますが、CPAが高騰する場合がほとんどです。

なぜでしょうか?「英会話」と検索するユーザーの心理には様々なものが含まれているので、見込み客に直接アプローチできるとは言い難いためです。言い換えるとCVからの距離がやや遠く、ビッグワード(英会話)で攻めていくのはあまり現実的ではありません。

しかし一度サイトに訪れたユーザーに対してであれば話は別。

なぜなら既に英会話サイトへ訪問済みなので、「英会話」と検索をしても、「英会話スクール」の情報を欲していると考えられるからです。結果、ビッグワードからもCVを見込めるのですね。

つまりRLSAには入札するキーワードの幅を広げ、ビジネスチャンスを増やす機能がある、と言えませんか。

私は検索広告向けリマーケティングを使う場合、以下のプロセスを実施します。

  • 通常の検索広告では、CVを狙えるワードで配信。
  • RLSAで今まで配信できなかった「関連性のあるキーワード」でも配信。(CVの取りこぼしを防ぐ)
  • 新しいキーワードでは入札を調整してCPAの悪化を防ぐ。
  • 結果的にCV数が底上げされる。

このやり方は、RLSAの有効的な活用方法です。

検索広告向けリマーケティングの設定方法

実際に検索広告向けリマーケティングを設定していきましょう。

キャンペーンを作成

1.まずは検索用のキャンペーンを作成。

2.続いて検索ネットワークの「Google検索パートナーを含める」を外す。

Google検索パートナーについて

「Google検索パートナー」を含めると、RLSAの設定をしても、「Google以外の検索エンジン」では通常の検索広告が配信されます。検索広告向けリマーケティングを「適用」できるのは、あくまでGoogle内のみと認識してください。

これでRLSA用のキャンペーンが作成できました。

広告グループで設定を紐づける

キャンペーンまたは広告グループに「リマーケティングリスト」を紐づけます。ここでは広告グループに設定していきましょう。

リマーケティングリストとは

Webサイトにアクセスした「ユーザーのリスト」を指します。

1.「オーディエンス」を選択し「鉛筆マーク」をクリック。

2.「ターゲット設定」を選択。

3.使用する「リマーケティングリスト」を選択。

4.「保存」をクリック。

設定自体はこれで完了です。後は広告文を作成すれば、RLSAが開始されます。

2の「ターゲット設定」の箇所ですが、「モニタリング(推奨)」を選択しないようにしてください。「リスト内のユーザー」に加え、「リスト以外のユーザー」まで配信対象に含まれるからです。

参照リンク :

なおリマーケティングリストについては、以下の記事で内容をまとめています。ご参照ください。

【gdn】リマーケティングリストとは?作り方、組み合わせ、期間の区切り方を解説。

また、RLSAを実施するにはサイト全体に「リマーケティングタグ」を挿入しなければなりません。詳しくは以下の記事を参照してください。

googleのリマーケティングタグとは?発行方法やGTMでの設定方法を解説。

検索広告向けリマーケティングで成果を出すために

RLSAで成果を出すための「考え方」「方法」を見ていきましょう。

入札を強める

全体的に入札を強めて配信しましょう。

RLSAでは「サイト訪問済みユーザー」へアプローチするので、通常の検索広告より、CV率が高まる傾向があるからです。つまり入札を強めて掲載順位を上げ、広告の露出を増やし、CVを確実に確保するのが望ましいです。

下図をご覧ください。

仮に入札をあげてクリック単価が高騰しても、CV率が高まればCPAを悪化させずに済みます。

ここまでの内容をまとめましょう。RLSAでは次の好循環を起こすことを意識してください。

  • 入札を高めてCV数の底上げを図る。
  • CV率を高めてCPAの悪化を防ぐ。

広告文の訴求を変える

通常の広告文とは違う内容で訴求しましょう。

一つの例として、育毛クリニックへの集客パターンをご紹介します。最初に新規ユーザーに対して以下のような広告文で訴求。

興味を引いてもらいつつ、遷移先URLでユーザーに商品情報をしっかりアピールします。しかし一回でCVしないユーザーが大多数なわけです。

この点を見越して、RLSAで次のような広告でアプローチをしたらいかがでしょうか?

どのクリニックへ行くか迷っているユーザーにとっては、もう一度後押しとなる内容と言えませんか。なぜなら一度サイトに訪れ、その後も検索活動を行なっている見込み客は、比較検討に時間をかけており「評判」「口コミ」を気にするからです。

つまり「クリック率」の向上に繋がり、CVの取りこぼしを防ぎやすくなります。

上記は実際に私が行なっている施策であり、他の広告文よりも「クリック率」が高い傾向にあります。

ここでは「口コミ」「評判」の内容で追客するパターンをご紹介しましたが、「広告文での攻め方」は次のポイントを参考にしてください。

  • 新規ユーザーには「商品の強み」を広告文に打ち出し、クリック率を高める。(通常の検索広告)
  • サイト訪問済みユーザーには「リマインド内容」や「後押しになる内容」を広告文で訴求し、再度振り向いてもらう。(RLSA)

検索広告向けリマーケティングで後追いをすることで、「質のいいユーザー」の取りこぼしを防ぎましょう。

ランディングページの訴求を変える

広告文だけではなく、ランディングページの訴求軸も変えましょう。

先程同様に育毛クリニックへの集客事例で見ていきます。まず通常の検索広告では以下のようなランディングページで訴求します。

これでCVすれば目標達成ですが、現実はそう簡単ではありません。そこで「サイト訪問済みユーザー」には、RLSA経由で次のようなページへ遷移させます。

商品を検討しているタイミングで「口コミ」や「実績」をしっかり確認してもらうことで意欲が喚起され、カウンセリング予約への後押しになる、と言えませんか。つまりCV率の向上に繋がります。

こちらも私が活用している施策です。意図的に口コミを中心に訴求しているページに遷移させることで、施術内容を訴求しているLPよりも、高いCV率を保てています。

ここで紹介した施策はあくまで一例。考え方としては以下と言えるでしょう。

  • 最初に接触するユーザーに「商品内容」で訴求。(通常の検索広告)
  • 次に接触する際には「後押しの内容」で訴求。(検索向けリマーケティング)

大枠的にはこの思考を持って、RLSAの効果を高めることを意識してください。

リマーケティングリストを絞り込み過ぎないようにする

最後に検索向けリマーケティングを使う上での注意点を共有します。

それはリマーケティングリストを絞り込み過ぎないようにすること。GDNとは違いリストを絞り込み過ぎると、機会損失が発生しやすくパフォーマンスを担保しにくいのです。

なぜでしょうか?それはRLSAで使用するリストのユーザー数は、GDNのものより少なくなるからです。実は検索向けリマーケティングは、「Googleにログインしているユーザー」に対して配信できません。

つまりGDNのリマーケティングに比べて、配信ボリュームが減ることになります。そのためパフォーマンスを高めようと思い、リストを絞り込み過ぎると、予想以上にアプローチできるユーザー数が少なくなってしまうのです。

GDNのリマーケティングなら、「ログイン中のユーザー」も配信の対象。

注意するポイントは他にもあります。以下の内容を確認ください。

配信可能になるリストの最低ユーザー数

  • GDNのリマーケティングは「100以上」
  • 検索向けリマーケティングは「1000以上」

ここから言えることはRLSAでは対象ユーザー数がそれなりに必要であり、リストの範囲を狭くし過ぎると、「最低ラインの数」に達しづらいという事実です。結果、配信開始がそれだけ遅れることになります。

これらを考慮し、RLSAではリストの絞り込み過ぎは「悪手」だとに認識してください。

まとめ

今回は「Google広告の検索広告向けリマーケティング」について解説しました。

改めてRLSAを使うメリットを以下にまとめます。

  • CVの取りこぼしを防げる。(追客できるから)
  • 入札するワードの幅を広げられる。(パフォーマンスが良いから)

RLSAの効果を高める点には以下の点にも気を払ってください。

  • 入札を強める。
  • 追客用の広告文で訴求する。
  • 追客用のランディングページを用意する。

注意するポイントとしては、リストを絞り込み過ぎないようにすること。GDNのリストよりも、接触できるユーザー数が少なくなるからです。

適切に扱うことで「成果の改善」または「CV数の底上げ」を担ってくれます。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

リスティング広告の運用で
お困りではありませんか?

LISTING MALLを運営するJINは100社以上のリスティング広告運用案件の実績があり、企業のビジネスの加速に貢献してきました。 リスティング広告を始め、ディスプレイ広告、Facebook広告、DSP、ランディングページ、サイト解析まで幅広い知見を元に御社の悩みを解決できると考えています。

メールでのご相談はコチラから